(試写)コシナ Carl Ziess Distagon T* 1.4/35 ZE
 コシナツァイス ディスタゴン35mm/f1.4が届いたので
 MFアシストでのピントチェックを済ませたて、軽~く試写してきた。
f0002946_23202737.jpg

[ EOS-5D2 + Distagon 35mm/f1.4 ZE ]

 軽く使ってみただけだが、
 定量的には表せない素晴らしさがひしひし伝わってきた。 


[よかったら押して下さいな]






f0002946_23202712.jpg


f0002946_23202878.jpg


 夕方は涼しくなりましたね。
 所用で東区へ行ったので、久しぶりに奈多海岸へ行ってみた。
 この地層が大地を感じるんですよね。
f0002946_23202825.jpg


 相変わらず、いろいろと漂着物も多いです・・・
 焚き火した跡は残念。墨は砂に還らないってのを知らない輩がいるようで・・
f0002946_23202932.jpg


f0002946_23202919.jpg


 沖にはサメがいるのか、注意の看板が。
 「回遊」に振り仮名を打ってあるけど、読めないなら回遊の意味は分からないだろう・・

 でも、サーファー・釣り人は相変わらず多いですけどね。
f0002946_23203086.jpg


f0002946_23203013.jpg


 日の沈み際はモヤってて微妙な感じ。トホホですわ。
 向こうは大陸方向だから仕方ないな。
f0002946_23203120.jpg


f0002946_23203145.jpg

[ EOS-5D2 + Distagon 35mm/f1.4 ZE ]


 ディスタゴン35mm/f1.4は思い入れがあって
 初めてのツァイスが旧CONTAXのDistagon35mm/f1.4だった。
 フォーサーズでアダプタ経由で使うと近接性能が良く便利な中望遠的な使い方ができた。
 引きの画の開放付近の解像度がイマイチ悪かったので万能には使えなかったが・・

 なお、旧CONTAXのDistagon35mm/f1.4は後玉がミラーと干渉しそうで
 怖くて5Dmk2では使っていない。フォーサーズの写りで描写傾向は分かったので
 無理に付けるまでもないという判断。絞りF2が使い物になるんだったらなんとか考えたろうケド・・

 対してコシナツァイスのDistagon35mm/f1.4は旧CONTAXのものとは別物。
 シャープさと抜けが格段に良くなっている。
 残念ながら開放F1.4時のハロっぽさ(レンズの味)は残っていない。
 現代版の優等生レンズという感じ。

 開放だと像が甘いから絞り込まないと~
 ということはあまり考えなくて良いようだ。

 周辺光量低下はお約束のように有るが、雰囲気がいいので(周辺落ち好きだし)
 今回の絞りを開けた作例ではそのままにしている。

 また、夕日に向かって逆光で撮るアングルが多かったが
 フレアでコントラストが低下することも無いようだ。

 唯一、ネックは重いことだけ。
 ZEシリーズはMP50/2.0、P85/1.4、D35/1.4ときて、
 良く使う焦点距離がコンプリートできたので、これで完成。
 MP50とP85が500g台なのに対して、
 今回のD35が800g台と群を抜いて重ぃ。。。

 35mmはタムロン28-75の35mm域を使っていたけど(主に室内撮影)、
 開放F2.8の壁が突破できるので今後稼働率が高くなるだろう。
[PR]
by bluejet_999 | 2011-08-31 00:17 | ◆レンズ
<< 宮古島のモヤモヤ と 消去法か。。。 >>