なんちゃってズミクロン
化学兵器が
貧者の核爆弾と呼ばれて久しい今日この頃、
貧者のズミクロン、プアマンズ・ズミクロン、和製ズミクロンと色々言われている
定評のあるリコー製標準レンズを入手。(諭吉さん1人でお釣りがきました)

RIKENON XR 50mm/f2 (前期型1978製)です。

リケノン50mmF2は前期型・後期型・P型とか複数あるみたいですね。
この
前期型のときに和製ズミクロンの評価を得たらしいです。
ということで、光学系は同一らしいのですが念のため前期型を物色していました。

前期型と後期型以降では
最短撮影距離が45cm→60cmへとスペックダウンしているので使い勝手も
前期型がイイですね。

見分け方は調べる限りこんな感じみたい。
 前期型:最短0.45m、鏡胴に50mmの刻印あり。
 後期型:
最短0.6m、鏡胴に50mmの刻印なし、前面のレンズ名がにL(ライト?)の文字
 P型:パンケーキ型。

f0002946_22572399.jpg
[ 物撮りは便利な OLYMPUS XZ-2 ]


というわけで、α7Rで実写した感じは
確かにズミクロンって言いたくなる気持ち分かります。

とにかく開放から良く写りますわ。
モノコートらしいので逆光だけ注意ですね。

下の2枚はF2開放ですよ!
球面収差で柔らかい描写でありながら、芯はしっかり解像している。

本家Rズミクロンが
こんな描写傾向かは使ったこと無いのでなんとも不明ですが
コシナツアイスのマクロプラナー50mm/f2開放が
少し丸い感じで好感触でしたね。

f0002946_22572353.jpg



f0002946_22572387.jpg
[ α7R @ RIKENON XR 50mm/f2 ]


開放だけではアレなので
More(つづき) にちゃんと絞りを意識して撮ったサンプルを。


[よかったら押して下さいな]








f0002946_22572302.jpg



f0002946_22572339.jpg



f0002946_22572329.jpg



f0002946_22572313.jpg



f0002946_22572390.jpg
[ α7R @ RIKENON XR 50mm/f2 ]


丸く写したいときは、
F2開放で、RAW現像時も丸さを消さないようにすれば実に味があります。
なお、開放でも現像時の工夫でシャキッと見せることは十分に出来ますね。

シャキッと撮りたいときはF2.8以上に絞ればカリカリですね。
遠景では像面の均一性を考慮するとF5.6以上かな。

ということで、
F2開放から使える名レンズなのは間違い無いことでした~
これはハマリましたね(汗)

ミラーレスカメラが普及して
色んなマウントのレンズが付くこのご時勢
オールドレンズも値上がり気味です、悲しいことに(汗)

こいつぁ使える逸品なので、
見かけたら是非ゲットして下さい。
( ´艸`)



[PR]
by bluejet_999 | 2014-05-24 23:32 | ◆レンズ
<< 日本家屋 と 和と洋と ボーダー >>